『独り言』                    Vol.63                    2018/12/7

12月に入って紅葉の話もおかしなものですが

今年の紅葉は地域によっては強、弱と言うか濃、淡の

差が出たかもしれません。それほどしっかり冷えた日、

寒かった日が少なかった様に思います。

11月中、木枯らしが吹かなかったのは39年ぶりだそうです。

私のエリアの欅なども立地の場所によってではありますが、

やっと茶色に色づいたものや未だ黄緑色が混じっているものもあります。


皆様お元気でしょうか。

早いもので年末です。暮れです。今年は『JEREMY-GRAPHIC』や

レディースモデルの『OR-6W』などの企画を出させて頂きました。

来年は小社創業60周年を迎えます。思いも新たに一層の精進を

心掛けたいと思います。


寒暖差が激しいので年末に向け体調を崩さぬ様にして頂きたく思います。

イルミネーション、クリスマスソング、そして大晦日、何か気忙しいのが師走です。





『独り言』
                    Vol.62                    2018/10/31

横浜ブーツフェスティバルについて


10月27、28日両日、横浜新山下において 竢o版社様

主催の第一回ブーツフェスティバルが行われました。

小社にも出店のお声を掛けて頂きとても感謝しております。

不慣れな私共にもスタッフの方々がとても優しく丁寧に接して

頂き本当に助かりました。対応の質の高さを改めて感じました。

愚欄を借りて御礼申し上げます。


心配された初日の雨も午前中にやみ11時にスタート致しました。

最初のお客様は本来なら当日直営店
ORIGINにご来店予定だった

徳島からお越しのお客様でした。ご遠方からお越しのお客様も大変

多く本当にありがとうございました。心より御礼申し上げます。


両日は多数のお客様に試し履きをして頂く機会になり

多少なりともアピールできたかなと思っております。

小社製の靴を履いてご来場して頂いたお客様も多数

お見えになり私共もとても嬉しくとても頼もしく物造りの

職人として一番嬉しくて励みになる時間でした。

本当にありがとうございました。また、中々機会がない

他社様のスタッフの方々とも交流が出来てとても有意義な

時間を過ごす事が出来ました。

不慣れのため反省すべき事は多々ありましたが、とても良い

経験が出来ました。


最後にご来場頂きました全てのお客様、並びに主催の竢o版社様

に感謝と心より御礼を申し上げます。ありがとうございました。





『独り言』                   Vol.61                2018/10/11 



夏の暑い日が、いつまで続くのかと不安に思っていたら

やっと、秋を告げる金木犀の香りが、これまた信じられない

時期まで鳴いていた蝉の声に乗って届いたと感じていたら

立て続けの台風に金木犀の香りが金色の絨毯に変わって

しまいました。

甚大な被害に見舞われた方々に心よりお見舞い申し上げます。 


さて、先日告知させて頂きました、10月27日(土)は

ORIGIN』 臨時休業とさせて頂きます。

27日、28日、二日間、横浜ブーツフェスティバル出店の

ためです。当日は全てではありませんが、主だった商品の

試し履きを用意致します。

横浜近隣の方やお越しになれる方は、是非この機会を

ご利用下さい。お待ち申し上げております。 


生産中止の『NERO-VOGEL』特別価格についての

お問い合わせも数多く頂戴しております。

皆様には我々が自信を持って造った商品ですので

とても、お買い得であることは、間違いないと申し上げて

おりますが、何と云っても残数が少ない状況で申し訳なく

思っております。 


間違いなく、秋なのですが、私のエリアは、まだあの

抜ける様な秋空を見る事もなく、未だ日中は半袖で過ごす日々です。

何かが、ズレている様な気がしてなりません。

どうぞ皆様には、この「ズレ」に負ける事なくお過ごし下さい。


『独り言』                    Vol.60                    2018/8/17

古より継承される日本全国各地の伝統的なお盆の様式が

正に様々な人々の祈りと共にとり行われました。

日本のお盆です。


しかしながら今年は地震、集中豪雨などが多発し、とてつもない

大災害をもたらしました。沢山の方々が被災され励ます言葉もありません、

心が折れる思いです。

只々、一日も早い復旧復興を願うばかりです。


今年の殺人的な猛暑は日本に限らず世界各地で様々な

被害をもたらしています。自然のサイクルを狂わせてしまったのは

我々人間の傲慢さかもしれません。


ラストスパートの蝉の泣き声を聞きつつ、まだ夏空の雲の形が

少しずつ変化して行く様に感じられると間違いなく日本の秋が

近づいて来ます。空が高く青く澄んだ秋空がもうすぐやって来ます。


皆様お健やかに。







『独り言』                Vol.59               2018/7/1 


暑い日が続き始めたと思ったら、なんと関東地方の

梅雨が明けてしまいました。


6月の梅雨明けは記憶にありません。どうした事でしょう。

日本の四季の大事なイベントの一つの梅雨が通年の期間と

雨を降らさずに明けてしまう事で色々不都合が生じてしまうのが

日本の四季です。農作物への影響、夏の水不足などなどとても心配です。 


6月18日の朝には大阪北部地震が発生、近畿地方には私共のお客様が

大変多くいらっしゃいます。皆様のご無事を祈りつつお見舞申し上げます。


 少し話を変えて以前にも書きましたが7月、8月はお盆の季節で一年中で

一番お香の香りが漂う季節です。私の場合、普段よりご先祖さまや亡き父の

事など思い起こします。父が思っていた通りの靴造りがしっかりできているのか、

これで良いのか、間違っていないかなどなど・・・。

父が創業して来年で小社60周年を迎えます。半世紀以上続けられた事は一重に

皆様のお陰と感謝の念でいっぱいであります。本当に有難うございます。

 もちろん今後とも精進して参りますが、近年は本当に人手不足で戦力をもっと

強化したいのは小社も同様です。メーカーとして少数精鋭での技術維持向上を

目指しておりますが国内では数少ないノルウェージャン製法による靴造りを

目指したい方をこの度、募集したく思います。職人への道は厳しい所も多く

大変なのは他の仕事でも、それは同じだと思います。

近々にHPに記載したいと思っております。 


梅雨が本当に明けたら、もう夏本番になります。今年の夏の予定はもう

決まりましたでしょうかどうやら今年も暑いのは避けられそうにも無いので

暑い夏を思い切楽しんで頂きたいと思います。

ただし呉々も無理をなさらず、ご自愛の程お願い致します。





『独り言』                      Vol.58                      2018/5/27


瞬く間にGWが終わり東京浅草では伝統の風物詩、三社祭も

終わり植木市が始まると、もうそこに梅雨が出番を窺っています。

皆様お元気でしょうか。


元気と云えば昨今の国会運営を見るにつけ、これでは経済が

低迷し元気が失せてしまいます。企業の方も大変で全国的な

人手不足に悩まされているのが現状です。少数精鋭を目指している

小社でも実は慢性的な人手不足です。業種にも依りますが特に製造業

は厳しいようです。製造業の中でも、いわゆる「職人」というものになるには

努力も必要ですし時間も必要です。その仕事の内容は伝統の技術であり、

その継承であるのです。必要なのは本人の強い気持ちと高い志です。

しかし遠方の方ですと勤める地域の問題もあり、中々難しいところです。

職人の技術の継承が途絶える事は製造業の衰退になり、その国の根幹にも

影響を与えてしまいます。若い方にももっと製造業を理解し人生の選択の中に

入れて欲しいものです。


さて瑞穂の国に欠かせない梅雨が始まります。

そしてあの暑い暑い夏が約束通りやって来ます。

どうぞ皆様体調を整えお元気でお過ごし下さい。



『独り言』                       Vol.57                         2018/3/27

東京の桜は正に今、楽しみ時かもしれません。

ここ数日は暖かく天気にも恵まれ絶好のお花見日和と思います。(3月27日現在)


今年の冬は地域によってとてつもない程の大雪に見舞われ災害に遭われた方々には

心よりお見舞い申し上げます。

寒い日が続き本当に春は来るのかと疑ってしまう程、寒い冬でした。

しかし、日本の四季は決して裏切りません。確実に春はやって来てくれました。

これから桜前線も北上し始め直ぐに待望のGWになります。

皆様お元気でお過ごしでしょうか。お陰様でORIGINを開店して20年になります。

当初よりアウトドア派の女性の方々より、レディースサイズのご要望は沢山頂戴して

おりました。現在では男性から「パートナーが対応できる靴を持ってない為、

行きたい所にも行けずにいる。」との事を多く頂戴しております。小社も一部の商品については

メンズ仕様の商品をそのまま小さいサイズで対応しておりましたが色々無理がありました。

大変遅くなりましたが、レディースサイズの商品を1モデルだけになりますが、近々にデビュー

する予定でおります。

勿論ノルウェジャン製法で製造しております。お待ち頂いたお客様、

是非ともご検討の程よろしくお願い申し上げます。





『独り言』         Vol.56       2018/3/9


東京文京の湯島天神の白梅はもう終わりになり、いよいよ

桜を待つばかりですが、このところ寒暖の日が続き体調管理も大変です。

これも日本の四季の素晴らしさであります。四季と云えば無教養の私の

最近の驚きは中東のトルコにも四季があるそうで、それだけでも驚きなの

ですが、私には暑いイメージしかありませんが、何と長い距離を楽しめるスキー

ゲレンデがあり、それも雪質が良好でパウダースノーが有名だそうです。

なんでも日本の秋田県八郎潟と同じ緯度にあるそうです。某新聞に載っており

ました。ただし現在は地政上大変な事になっている地域ではありますが・・・。

驚きでした。


話題を変えます。実は以前より女性の方々より、女性サイズのブーツが欲しいとの

ご要望を頂いており企画を少しづつ進めておりましたが、やっと一型だけですがデビュー

を予定しております。モデルはオリジナルOR−6のレディースサイズになります。

当面はこのモデルだけのスタートになります。何卒よろしくお願い致します。

それと最後にインスタグラムとやらを小社の若い者たちが始めたそうですのでよろしく

お願い致します。(何故か遅すぎだと怒っておりますが・・・。)

アドレスは https://www.instagram.com/andoshoe1959/






『独り言』       Vol.55                    2017/10/10



北海道の山々に初冠雪の便りが届くと北の大地から

紅葉のグラデェーションが日本列島を南下します。

風に乗って金木犀の香りが流れ、日々の日の陰りが

早くなった事に間違いなく秋の到来を感じます。

日本の秋、始まりました。

皆様お元気でお過ごしでしょうか。


私が幼い頃より、父と母は夏が終わると山に行く

準備が始まり、この次期は毎年の行事できのこ狩り

を含めての山行が常でした。

帰宅するとその日からきのこ汁、きのこご飯、鍋物、炒め物と、

今から考えるとそれはとても贅沢な食卓だったと思います。

しかし子供の頃は「きのこより玉子出来れば肉か揚げ物が

最高のご馳走」でした。そして現在はその貴重な天然の山の恵み

を東北にいる大先輩が現役で山に入り旬の山菜やきのこを

送って来てくれます。本当に嬉しくて、ありがたくて、そして美味しくて、

先輩の在所の方角に向かい最敬礼しております。

皆様にもそれぞれの秋があると思います。

どうぞ日本の秋を満喫して頂きたいと思います。

すぐに冬が来ますので・・・





独り言』               Vol.54                2017/9/9

もう残暑はないのでしょうか。


蝉の鳴き声の主役が変わり秋の気配を感じます。

鈴虫も鳴き始めました。秋始まります。


別注仕様のクロームエクセル多くのご注文誠に

ありがとうございます。

ただ残念な事に色々な要因があり、ORIGINにも

展示しておりませんので始めてのお客様は少し

不安があるかもしれませんがご容赦願います。

また、OR-8は大変ご好評頂いておりますが発売

当初よりボルドー色のご要望が多数あり、やっと

準備が出来始めましたので近々にデビュー致します。

登山専用靴とは違い本格的なアウトドアに充分

耐えうる造りですので愛好家のお客様にとても

人気が高いようです。本当にありがとうございます。



写真は私の友人のお嬢様のG-BOOTsです。

ヒールの修理で預かっておりますがとても形が

良い状態ですので工場にて修理前に撮らせて

頂きました。了承を得て記載させて頂いております。

実は後ろに少し見えるのが生産中のOR-8 

BORDO
です。



さていよいよ秋本番です。

嬉しい、楽しい気持ちを抑えつつ準備、点検怠らず、

秋を満喫して頂きたいと思います。






『独り言』       Vol.53                   2017/7/23



梅雨が明けました。

暑いです。とても暑いです。約束通りの暑さです。

少々、フライングした蝉もいましたが蝉も鳴き始めました。

梅雨明け寸前に線状降水帯なる聞きなれぬ集中豪雨が

とても厄介で悲惨な水害を起こしてしまいました。

東京でも雹を含む嵐が台風の如く吹き荒れとてつもない

水量の雨を降らせました。

各地で甚大な被害をもたらしました。被災地の皆様には

心よりお見舞い申し上げると共に一日も早い復興復旧が

なります様お祈り申し上げます。


どうしたものなのでしょうか。この現象は単に温暖化だけの

理由でしょうか? 私が若い頃などは、この時期夕方になると

いわゆる夕立なる突然の雨が、一時の涼をもたらして

くれました。とても日本的情緒さがあり、いつもの事ですが

「日本の四季バンザイ」となぜか誇らしげに思っておりました。

あれから数十年、加速度的な文明の進歩と人間の驕りが

地球規模で異変を起こさせているのは間違いない様に

思います。何を反省し、何を改めて行けば良いのか・・・。


もう直ぐお盆です。一年で一番お線香の香りが漂い

心を穏やかにしてくれます。

どうか皆様この暑い日本の夏を無事乗り切って

頂きます様に。





『独り言』           Vol.52                  2017/6/25

梅雨らしくなって来たのでしょうか、蒸し暑いです。


日本の四季には必ず必要な梅雨。

個人的には蒸し暑いのが大の苦手です。

しかし、あの暑い夏の青空を迎えるには避けて通れぬ

道なのであります。

瑞穂の国、日本の大切な水資源でもあります。ですから

「ありがとうございます。梅雨。」になります。

どうぞ皆様には蒸し暑さに負けずに頑張って頂きたいと

思います。


その梅雨のさなか先代である私の父の弟子であり


私の師匠である人が先日この世を去りました。

80歳でした。とても自分に厳しい職人でした。

納得出来ない仕事は休日でも一からやり直していました。

あの姿をもう見る事も出来ません。

「雄二(私の事)靴と云うのはな・・・・・。」あの声は今でも

心の中にしっかりと刻まれています。

職人とは愚直なまでに受け継がれて来た技術を守り

その心得と共に技術のみならず、ある意味人としての

生き方などを仕事を通じて学ばせてくれました。

今ある私達の技術は全て先人達の教えの中から生まれて


来ております。その教えを守りこれからも受け継いで

行かねばなりません。頑張ります!


一人の靴職人の死を悼んで

                           合掌



『独り言』       Vol.51                   2017/3/15


陽だまりの暖かさが変わってきた様に感じます。

梅が終わり沈丁花の心地良い香りが春の到来を知らせ様と

しています。この香りが薄くなると桜が咲き始めるそうです。

皆様お元気でしょうか。


ついこの間、新年のごあいさつをさせて頂いたと思ったら

もう春の到来です。

相変わらず日本の四季は素晴らしい。決して裏切らない、

ありがたい事です。

さて、この所続けざまに別注等を出させて頂いております。

GOASCOTCHそしてAO-SHUSHUといずれも大変好評で


本当にありがたく嬉しい限りです。初めて小社の靴を

お買い上げの方が別注からと云うお客様も多く少し驚いて

おります。

在庫販売が行えない商品ばかりで皆様には大変ご迷惑を

お掛け致しますが少しでも商品化、販売可能な商品は別注

などで対応させて頂きたく思っております。

また期間限定のSAMATIROは通年5月1日からの販売ですが


GWに使用したい旨のお客様が多く今年は1ヶ月早く

4月1日より販売させて頂きます。何卒よろしくお願い致します。


春目前です。季節の変わり目です。皆様体調を崩さぬ様

ご自愛下さいます様に。




『独り言』       Vol.50                  2017/1/1


新年明けましておめでとうございます。


2017年の幕明けです。新年が始まりました。

新年を迎えるにあたり毎年思いも新たに考える事、

また永年追い続けて来た夢の実現へのチャレンジなど

それぞれの思いを抱きながら今年こそ良い年にして見せる

と自分への誓いをたてております。

近年は日本国内において自然災害が多く発生し被災地の

皆様には言葉では言い表せない辛く悲しい事が起きて

しまいました。改めて心よりお見舞い申し上げます。

どうか今年は少しでも良い年になります様心より祈念致します。

小社もいよいよ今年で創業58年目を迎える事ができました。

これも一重に皆様のご愛顧の賜物と深く深く感謝申し上げます。

今後も皆様に永くご愛顧頂ける靴造りに精進致します。



日本の職人の誇りと共に。



今年も皆様何卒よろしくお願い申し上げます。






『独り言』      Vol.49                   2016/12/26


クリスマスも無事?に終わり、後数日で今年も暮れて行きます。

皆様の1年は如何でしたでしょうか。


皆それぞれの1年があり辛くきつかった事、悲しくて泣いた事、

嬉しくて泣いた事、ぼんやり過ごした事それぞれの1年が

あったと思います。私にとってはこの1年はとても厳しい1年

だった様に思います。ただ救われるのは沢山のお客様に

支えられている事、その中で足に少し問題のあるお客様が


例えば何を履いても足の裏が痛くて辛いなどのお客様が

小社の靴を履いたらとても楽に履けたと云って頂ける時など

本当に嬉しくて救われる思いです。その思いを忘れる事無く

これからも精進するつもりです。


皆様、1年間本当にありがとうございました。


どうぞよいお年をお迎え致します様、祈念申し上げます。






『独り言』         Vol.48                         2016/11/20



見事に秋から冬に移行しております。

流石です日本の四季!

私などの歳になると月日が過ぎる速さは驚くほど早く感じます。


何十年と日本の四季の移り変わりを体験しているのですが

年々早さが増す様な気がします。

11月も後半になりました。決して嫌いになれない年末の喧騒

そしてお正月、今年こそはと思っているともう直ぐに花見の

季節になります。うっかりしていると季節に置いてけ堀に

あいます。これぞ日本の四季です。


皆様お元気でしょうか。


何かと忙しくなる時期に別注JEREMY GOA(ジェレミ ゴア)を

発売させて頂きました。シリーズでは初めてのモンタニアソール、

雰囲気は初代JEREMYを彷彿します。お蔭様で大変ご好評頂き

感謝しております。

「早いですネ、もう暮れですネ」のお決まりのあいさつも

日本の風物詩です。


後ひと踏ん張り頑張りましょう皆さん!!





『独り言』    Vol.47                         2016/09/30


蒸し暑い日が続きます。

10月になると云うのに東京では未だ秋の気配すら


感じられません。

しかし、もう直ぐそこに秋は間違いなく来ているのに・・・。

まだ、台風が来るの来ないのと・・・。


日本の四季は我々日本人のDNAに組み込まれています。

それ故、夏が終わったら当然、秋の気配を感じたいのです。

それを楽しみたいのです。満喫したいのです。うっかりして

いると冬が来てしまいます。

皆様お元気でお過ごしでしょうか。


小社も素材の変更などを行いお蔭様でベスタケベック及び

オイルドプルアップ共々ご好評頂き感謝しております。

ベスタケベックなどは大変高価でありますが長年色々な

オイルドレザーを使用して来た当社においても、最も優れた

オイルドレザーと思っております。アウトドア、ワークブーツ等

では最も適していると信じております。特にOR-8などは

ベスタケベックが無ければ誕生しなかったと思います。

最後にいつもながらご遠方よりお越しのお客様本当に

頭が下がります。感謝感謝であります。不規則な営業時間


でありますが今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。









『独り言』      Vol.46                   2016/08/20



蝉の鳴き声がラストスパートに聞こえ始めました。

まだまだ暑い日が続いておりますが皆様いかがお過ごし

でしょうか。


お盆休みも終わり旅行に行かれた方、帰省された方

お仕事の方、皆様それぞれの夏が終わりに向かって

おります。


今年もお盆休み中に全国ご遠方よりご来店頂き

なかでも小社に初めて来られたご新規のお客様は

長崎、兵庫、京都、愛知、静岡、鎌倉、仙台と本当に


皆様、感謝、感謝の一言であります。

「どうしても来たくて3年越しで来ました。」と云って頂いた

お客様もおられました。本当にありがとうございます。


お盆休みとなると皆様それぞれの思いや記憶があると

思いますが、私は小さい時夏休みなどは母方の田舎で

お盆を迎えておりました。夏の暑い日、数日間は朝から

晩までお線香の煙の中で子供心にも何かとても尊厳の

ある期間なのだと感じたものです。今でも夏のお香の

香りがするととても心穏やかに懐かしい田舎のお盆を

思い出します。皆様にも色々な夏の思い出があると

思います。ヒグラシが鳴くともうすぐ秋が来ます。


どうか皆様ご無理なさらず残暑を乗り切って下さいませ。

爽やかな秋空はもうすぐです。






『独り言』   Vol.45                 2016/07/21


梅雨が明けません。しかし間も無くでしょう。


九州、特に熊本の皆様には災害続きで大変な日々を


送られていると思います。一日も早い復興、通常の生活

に戻られる様、心より祈念いたしております。


東京では都知事選真っ只中です。立候補者の皆様は

正に暑い夏の戦いでしょう。

関東では水がめになるダムの貯水池にはまとまった

雨が降らず水不足が懸念されています。そしてこの所

続いて起こる地震も大変不気味であります。決して

起きては困るのが災害です。先日も東海地方のお役所の

方が災害時用にと小社のOR-7を買っていかれました。

「仕事上、万が一の時のためです。」とおっしゃって

おりました。起きずに済む物なら何としても起こらずに

いてほしいと心から願わずにいられません。

もう直ぐ関東も梅雨が明けあの恐ろしいほどの暑さが

やって来ることでしょう。


どうぞ皆様には十分な休養をとって頂き辛い夏ではなく

楽しむ夏にして頂きたく思います。その後はあの清々しい

秋風が吹くことでしょう。


日本の四季バンザイ!






『独り言』    Vol.44            2016/06/5



梅雨が始まります。


私は苦手な季節になります。

皆様いかがお過ごしでしょうか。


本日は人の「クルブシ」について少しお話しさせて

頂きます。

若い頃、靴学校で学んでいた時の話ですが、確か

靴人間工学の授業だったと思います。

先生がとても興味深い話をして下さいました。それは

内果、外果(内、外クルブシ)は、実は常に不安定な

状態にあり、その部分の神経が脳に伝わると歩く事は

おろか立つ事さえままならぬ程、不安定な状態である。

その為、神様が脳に伝わる神経を切ってしまったので

現在は無事歩行する事が可能になった。と云うお話です。

実はこの話、荒唐無稽な話ではなく実際歩行を行うために

足はとても複雑な動きを行いますので両クルブシは不安定

にならざるを得ません。その為、その部分を覆うなどして

サポートすると非常に安定感が得られとても楽に感じられ

ます。例えば兵士の方が履く軍靴などはブーツ類が多く

もっと以前は包帯や脚絆などを足首、スネ部などに巻いて

いたのもその理由の一つと思われています。勿論、防備の

為のものでもあった訳です。その様な理由で両クルブシを

覆う様なブーツやチャッカーなどは歩行に際して短靴より

格段に安定感が感じられる訳です。究極は登山靴で背に

負荷を掛け不安定な地面を歩く訳ですからクルブシを

覆っていない靴は基本的に登山靴とは言えません。

少し長い距離を歩く時などはクルブシを覆っている靴の

方が安定性が得られる事は良く知られています。


今回は「不安定なクルブシ」について書かせて頂きました。

皆様に少しでも参考になればと思います。





『独り言』    Vol.43            2016/05/19


新緑も見事な季節になり少し汗ばむ日も多くなりました。

皆様お元気でしょうか。


久々の独り言になります。大変ご好評頂いたSAMAチロが


2年目を迎え今年も既にご好評を得て嬉しく思っております。

しかし、今回はOR−8についてのお問合せも多くあり参考に

なればと思い少しだけOR−8について記します。


登山靴に代表される合わせベロは経験の無い方は最初

戸惑う事があるかもしれませんが、直ぐに慣れますし慣れると

履く度に合わせを固定せずとも楽に着脱出来る様になります。

すでに使用されているお客様はお気付きと思います。

着脱が面倒なイメージがありますが登山使用の形態とご理解

下さい。また、思いのほかとても歩き易く安定感があり通常の

ワークブーツとの違いもはっきりと分かると云って下さるお客様


にとても嬉しく我が意を得たりの心境です。

OR−8は年間を通して使用して頂きたい靴でもあります。

また現在の日本列島万が一の事が起こってはなりませんが

誤解を恐れず申し上げればいつか、なにか万が一の時に

踏ん張れる心強いギアの一つになって頂ければ幸甚です。

開業当初よりご要望が多かった通常使用可能な堅牢ブーツ


です。是非お試し下さい。


(いつもの事で誠に申し訳ありませんが、サイズによっては


現在多少時間を頂戴しております。申し訳ございません。)




『独り言』  Vol.42            2016/03/06

《職人の手間》

職人の仕事は一見無駄な様に見える仕事が多い様です。

例えば一から十の仕事を1,2,3・・・・・10まで一つの数字も

もらさずやり抜きます。それを仮に5と7を飛ばしても結果

10になれば良いのでは、と思いがちですが、それでは目指

している本当の10には成らないのです。一つ一つの積み重ね

で無駄な事など何一つなく、先人達は全て無駄を省いて現在

には必要なことしか残していません。云わばシェープアップ

された一から十が残されている訳です。「無駄な事無し、手間

を惜しまない技の継承」 私共ごときがこの仕事が無駄なの

ではなどと思っている間はまだまだ修行が足らない証左で

あります。私共も登山靴をはじめ日本の靴職人としての自負を

創業者である私の父をはじめ職人達、兄弟子達から厳しく

教え込まれた技術の一つ一つを次世代の若い人達に

継承されております。日本の職人の誇りと共に・・・。






『独り言』       Vol.41      2015/12/1

 

 皆様、大変ご無沙汰して申し訳ございません。

前回の独り言から早1年近く経ってしまいました。

皮の問題など皆様にご報告しなければと思いつつも

ある程度のメドが付いてからと思っていたら時間だけが

経ってしまいました。本当に申し訳ございませんでした。


 イタリアベスタ社ケベックなどは既に生産され販売

されており、奥光する重厚感が大変好評を得ており

小社も喜んでおります。しかしながらNo.250、OR−2

などのオイルドプルアップが品質維持を行いながらの

原皮調達なので時間がかかり残念ながら大変遅れて

いる現状です。特にダークブラウンなどは遠方より

お越し頂いたお客様にも皮の納期がまだ出ない為、

客注品としてご注文をお受け出来ない状況です。

入手次第HPにて皆様にご報告し生産を開始致します

ので今しばらくお待ち下さい。

 

 業界でも皮革の質の低下が良く話題になります。

元々、小社は皮に厚化粧などの加工はせずに出来る

だけ自然な皮らしさを求めております。そのため血筋や

トラ、小さい傷などは避ける事が出来ません。自然で

深みのある重厚感を求めれば商品にもそれらは少な

からず反映されてしまいます。むしろ私共はそれらが

皮本来のものと認識しております。皆様にもどうぞ

ご理解の程よろしくお願い致します。

 

 いよいよ繁忙な暮れです。皆様体調を崩さ

お気を付け下さいませ。








独り言』      Vol.40       2014/12/25


 大変ご無沙汰になり誠に申し訳ございません。

言い訳は、如何程もできますが一言で申し上げれば

私共として使用できる皮革が殆ど入ってこない事に

起因します。当たり前の事ですが物造り屋は、素材

(材料)がなければ何も造ることが出来ません。


 12月に入って天気の悪い日も多くございましたが

それにも関わらず、遠方よりご来店して頂いたお客様、

そして商品がなくご購買頂けなかった全てのお客様に

対し心より心よりお詫び申し上げる次第です。

本当に申し訳ございませんでした。


 革の良し悪しは波がありますが、これほどまでに

「皮革の状態、質の低下」が酷い革は、私の経験上

とても希であります。この様な事が、今年の4月頃

から現在まで続いている状態です。

その中で少量の素材を使い生産して来ましたが

この時期に来て在庫がない商品がとても多くなって

しまいました。輸入代理店の方々にも大変ご迷惑を

お掛け致しました。私共も正直申しまして1年で年末

に向けて売上が一番伸びる時期でもあります。

しかし品番、サイズによって皆様にお買上げ頂く

靴がありません。


 30数年来使用して来た皮革ですが、今は怒りよりも

とても悲しくて残念な気持ちでおります。それでも、

今より需要が減ればまた何時か元の皮革の様に

戻ると思いますが・・・。とても残念で考えてしまいます。

それに加え為替円安の上、原皮価格の高騰、そして

タンナー自身の驚くべき値上げは数パーセントなどは

とうの昔の話で現在は何割増の状況です。

色々な意味で真剣に考えなければなりません。


 今年は集中豪雨、御嶽山の噴火、地震と様々な

自然災害に見舞われ、関係各位の皆様には

心よりお見舞い申し上げます。

 私共にとっても、とても辛い1年だったと思いますが

来る新年に向け思いも新たに精進するつっもりで

おります。どうぞ皆様にとって来る年が、とてもとても

良い年であります様に心より祈念申し上げます。







 
『独り言』       Vol.39         2014/10/23


 御嶽山の火山噴火により犠牲になられた方々、ご遺族

並びに関係各位の皆様に心よりご哀悼を申し上げます。

 大変悲惨な事になってしまいました。私共も山とは無縁では

ありませんので、ご遺族の皆様のご無念を考えますと心が

痛みます。悲しいです。

 今年は、大きい台風が二度も上陸致しました。各地で沢山の

被害が出てしまいました。夏のゲリラ豪雨といい自然の猛威は

驚異的であります。災害に遭われた方々に対しお見舞い申し

上げます。

 小社も原材料の皮革について大変困っておりますが、未だ

進展しておらず、ご報告する事も出来ません。誠に申し訳なく

思っております。

 年々、歳のせいか季節も移り変わりが、とても早く感じられ

今年も早年末が近づきつつあります。何とか皆様にご迷惑

お掛けしない様、努力致します。

 何卒、よろしくお願い申し上げます。





『独り言』              Vol.38          2014/7/22   



 セミが鳴き始めました。梅雨の終わりです。

私、個人的には夏から秋の日暮れに鳴く「ひぐらし」の

鳴き声が好きです。


 皆様お元気でしょうか。

梅雨が終わり、これから夏本番、山や海へと行楽の

良い季節でありますが、近年の天候不順、突然の豪雨

など、気お付けなければなりません。

自然に親しむ事は、良い事と思いますが、気の緩みは

禁物です。とは言え日本の夏、暑いのですが大いに

楽しみたいものです。
 

 私どもの業界も違う意味で「熱い」です。

原材料の高騰を理由に諸材料の値上がりが

止まりません。腹が立ちますし、本当に気も滅入ります。

しかし、皆様に「履いて良かったな」と思って頂くには

技術力の向上は元より、諸資材の品質維持は、厳守

しなければなりません。辛いところでありますが、精進です。



 暑い日が続くでしょうが、日本の四季は素晴らしく、

直ぐそこには、涼しい秋がやって来ます。

どうぞ皆様、日本の暑い夏、辛いながらも楽しみながら

頑張りましょう。

 花火大会、お盆、帰省、夏祭り・・・・・。
               なんとも良い響きです。










『独り言』        Vol.37          2014/5/22


 待ち遠しいGWが終わり、桜の後はツツジ、サツキ、

藤とこの季節ならではの草木を楽しんでいるかと思うと

もう目前に梅雨が来て、その先に暑い夏が約束通り

来ることでしょう。 日本の四季万歳です。


 3月消費税増税前の小社の不備もあり、相当数の

お客様に在庫切れ注文残と言う、またまた失態を起こして

しまい遠路よりお越しのお客様も含め、本当に申し訳

ございませんでした。お詫び申し上げます。


 前回のZ
U LTD07から早7年が過ぎ「次はいつ頃

出るの、やるの、やらないの」のお問い合わせは、年間

通して相当数頂戴しております。実はもう直ぐですが

Z
U LTD14の企画をアップする予定でおります。

7年前も「告知が短い、数量が少ない」等のお叱りを

頂戴しておりますが、今回も小社の都合により、

大変申し訳ないのですが、約120足位の限定となって

しまいそうです。告知期間はHPアップより約一ヶ月程とし

その後生産、お客様への商品お渡し開始時期が

9月中旬頃からの予定で企画しております。(納期は

遅れる事もありますので、予めご了承下さい)

詳細は、後日HPにてアップさせて頂きます。

 梅雨前でも暑い夏日が増えてきます。寒暖差で

体調など崩さぬ様、どうぞ皆様ご自愛下さいます様に。







 『独り言』       Vol.36        2014/4/11


 春、この時期になるとまだ若く大学を中途退学して靴学校に

入校した頃の事を思い出します。生まれた時から靴造り屋の

せがれとして過ごし、ある程度靴の事は知っていると思って

おりましたが ゛知っている事と分かっている事は全く違う゛と

言う極めて当然な事象に一時的に落ち込んだ事など今は

懐かしく思い出します。もう40年近く前の事であります。

あの頃からどれほど私は進むことができたのかと自問して

いる今日この頃です。

 皆様いかがお過ごしでしょうか。

3月増税前の喧騒は思いの外凄く当社にも今まで購買を

考えていたと思われるお客様の背中を押して頂いた効果は

あったかと思っております。

 東京の桜はほぼ終わりGWに向かい北上して行くのでしょう。

春爛漫ではありますが夜などまだ上着が欲しい季節の変わり

目です。どうぞ皆様ご自愛して頂きたいと思います。







 『独り言』      Vol.35        2014/3/2




 今年は都心でも2度も大雪に見舞われ大変な被害が

発生し、1部地域ではかなり長い間、不自由な生活を

強いられたそうです。かと思えば今度は何やらPM2.5と

言う厄介で始末に悪いものまで「美しの国」日本に飛来

しております。本当に困ります。

 テレビなどで東京の人達は雪に弱く滑って転んだり

災難に見舞われ大変だ などと報道しておりました。

滑るといえば当社にも雪で滑りづらいソールは何か?

とのお問い合わせも今回は多く頂きました。実はイタリア

ビブラム#2009ロバートソールと言う当社では『NR-501』に

装着してあるソールがノンスリップソールと言われ滑りづらい

ソールと言われています。

 桜の開花予報などテレビで見られる時期ですが、都心の

雪はもう遠慮願いたいと私などは思っています。困った事と

言えば皮革を含む諸資材の高騰も本当に頭の痛い困った

問題です。特に皮革はひどい値上がりです。ここ数ヶ月で

2度も値上がりしています。消費税率値上がりを控え本当に

困ります。正直どこまで頑張れるかと、とても不安です。

KIWI
のポリッシュ等も初めてお買い上げ頂いた1足目にだけ

付けさせて頂いております。(7000GClassicoJEREMYは除く)

何かと厳しい事でありますが大変なのは皆様も一緒だと

思います。我々も頑張って精進して参ります。











『独り言』    
Vol.34    2014/1/2


 明けましておめでとうございます。


 暮には、忘年会と称した飲み会が続き幾分胃も疲れ気味で


おりましたが、新年にはしっかり体調を戻し新たな気持ちで

お屠蘇を頂きました。


 皆様には健やかな新年を迎えた事とお慶び申し上げます。



 暮れも押し迫り近くにいるのに無沙汰している実家の母に

会い高齢にも関わらず1年元気で過ごせた事を心より

ありがたいと感謝しておりました。


 新年にはこれまでの反省する所は反省し、改める事は

改めて、「今年こそ実のある良い年にするぞ」と言う気概は

毎年思うところであります。やりたい事とやらねばならぬ事は

全く違うと思いつつ言い訳しながら随分疎かに過ごしてきた

かもしれません。


 今年は思いも新たに日本の物造り屋として、そして靴職人と


して皆様にご支持して頂ける様、精進する所存です。


 皆様、本年も何卒よろしくお願い申し上げます。






『独り言』  Vol.33          2013/12/22


 ついこの間まで残暑だ台風だと云っておりましたが

すでに師走になり、やはり『あっ』という間に年末を迎える

事になりました。

 1年を振り返ると リピーターの皆様はもちろんですが

新しいお客様も増え有難い1年であり、その反面、仕事では

やはり皮革の問題を含め全ての資材に関して値上がりが

実施され、それは現在も続いている状況です。

 素材についても品質の維持に毎回の様に頭を痛めている

現状です。それを「拘り」と云う方もおられますが、日本の

物造り屋として当然の自負と信じ対応しております。

それが結果的にお客様へご迷惑をお掛けしてしまう事を

反省しながら新年を迎えたいと思います。

1年本当にありがとうございました。寒さも厳しくなり皆様も

どうぞご自愛頂き素晴らしい新年を迎えられます様、祈念

致します。

 ありがとうございました。
                            安藤








『独り言』   Vol.32               2013/10/26


 暑さ寒さも彼岸までと言いますが、今年は残暑などと

云えぬ程、長く暑い日がありました。かと思えば今度は

台風ラッシュです。本当に困りました。皆様には如何

お過ごしでしょうか。

 今年は台風も多く、その被害は甚大な事になって

しまい被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

近頃、年のせいか年々時が経つのが早く感じられ

あっと言う間に年末になってしまう気がします。

皆様のお陰で新しいお客様も増えて、益々精進しなければ

なりませんが、相変わらず皮革の問題で頭を痛めている

内にすぐ年末になりそうです。

やりたかった事、やらなければならない事を含め

色々考えてしまいます。

スイスガルサー社もクローズされあのガルサー特有の

品質の良い皮革が使えなくなる事がとても悲しいいです。

ガルサーとの付き合いも40年近くなっておりました。

とても残念です。しかし、あきらめず良い皮革を探し

続ける所存です。年末に向け頑張りたいと思います。


 皆様も体調などくずさぬ様に気を付けて下さい。











『独り言』    Vol.31        2013/8/16


 今年の夏は、猛暑、酷暑などと云うより危険な暑さと

なっております。41
などの高温はもはや屋外での

活動は生死の問題に関わって来ます。

 皆様ご無事でしょうか。

 今年もお盆を迎えこの暑さの中、ご来店頂いたお客様には

本当に感謝しています。 ありがとうございます。

涼を求め、海、山、川と人出も多く中でも世界遺産となった

富士山には大変な人出となっており、その為に色々な問題が

生じてもいるそうです。安易な軽装備での登山、高度順応など

無視した弾丸登山などなど・・・。   とても危険な事ですので

決して行わないで頂きたいと思います。

 もっていって良いのは、思いでだけ、とって良いのは写真だけ

溶岩石などの持ち帰りは犯罪になってしまいます。

十分注意して頂きたいと思います。

 この暑さは、まだまだ続きそうです。どうぞ皆様十分な

健康管理を行って頂きご自愛頂きます様、重ねてお願い

申し上げます。




『独り言』      Vol.30         2013/7/7

 蒸し暑いです。

 ある意味感動的なうっとうしさです。

 日本の梅雨流石でした。

 皆様如何お過ごしでしょうか?


 N−NORMAN、N−SHUSHU再販(期間限定含む)出来た事
嬉しく思うと同時に皆様には改めてお詫び申し上げます。
1年掛かってしまいました。何度も試みましたが、中々気に入った
レザーが出来上がらず、今回これならば何とか行けると思い再販に
至りました。私が頑固に或は厳しく拘り過ぎているとのご意見も
頂戴致しますが 当方としては今まで通りで仕上がれば何も問題が
無いのですが誠に残念な事に仕上がって来るレザーの品質が
低下した素材は使用する事出来ない訳です。皆様にご迷惑を
お掛け致しますが何卒ご理解ご了承の程お願い申し上げます。

 梅雨が明け暑い夏の日が始まります。日本に四季がある事に
感謝しつつ暑さと戦って行きます。皆様も重々ご自愛して頂き
暑い夏を乗り切って頂きたく思います。後3カ月も経てばもう秋に
なります。日本に生まれ日本人で本当に良かったと思う
今日この頃であります。
 最後に関係ない事ですが、スカイツリーには未だ昇れて
おりません。




『独り言』       Vol.29        2013/4/20

 

 東京の桜は、ずいぶん前に終わり、日によってはTシャツだけで

過ごせる日が増えて来て春の一大イベントGWが目前になりました。

春真っ盛りです。


 皆様お元気でしょうか。

以前より遠方と思われるお客様より「お店からスカイツリーまで

どの位の距離ですか?」 「スカイツリーは見えるんですか?」

とのお問い合わせをいくつか頂戴しております。

まずスカイツリーは見えます。距離は約1.4Kmです。歩いて

20分位でしょうか。夜はライトアップを季節によって色々工夫

されてとても綺麗です。(写真は店前からのツリーですが、上手く

撮れてなくてすみません)



「これからツリーに行きます。」 「ツリーに行って来ました。」と

スカイツリー関連でお越し頂くお客様も増えて来ました。

とても嬉しいです。

 早いもので5月22日でスカイツリー開業1周年。未だに私は

ツリーに昇れておりません。 春真っ盛り!


5月3日()・4日()・5日()は営業致します。

営業時間は15時〜18時とさせて頂きます。





『独り言』       Vol.28         2013/2/5


 早いもので今年も1月が過ぎ早2月となりました。

寒い日が続き皆様いかがお過ごしでしょうか。

本年最初の独り言になりますが、この1年位チロリアンシューズの

需要が増え各年代層のお客様に求めて頂き嬉しい限りです。

 そのチロリアンシューズについて少々ご説明させて頂きますと

ご承知の通り小社は短靴からブーツまで全てノルウェージャン製法

にて造られております。特に底廻りなどは堅牢となり歩行の際の

底の反りなどは普通の靴より堅く反りづらい点があります。

その為、歩行時のカカトの収まり方、あるいは浮きやすさなどが

難点となります。その上チロリアンシューズは紐締め部分が甲の

上の方に2箇所しかないので甲の抑えも良好とは云えません。

 チロリアンシューズはヨーロッパなど山岳地方の傾斜のある所に

住んで活動する人々の為に底の造りは堅牢で堅く反りづらい為

むしろ傾斜の有る所では都合が良く必要性は高かったと思われます。

日本の都市部のほとんどは舗装された平坦な道路であり、

そのチロリアン本来の利点があまり生かされず良好な歩行が

得られづらい点がある事をご承知して頂きたく思います。

 歴史があり民族的シューズと云えるチロリアンシューズですが

ご購入の際はご一考して頂きたく思います。





 『独り言』        Vol.27         2012/8/18

 

 お盆休みも終わり、いよいよ残暑との戦いになりました。

 

 今年の夏は、例年との違いとして何と言っても東京スカイツリー

が完成した事です。私共のショップ「ORIGIN」は東京墨田区

錦糸町にあります。スカイツリーとの距離は約1.4Kmです。

そのためスカイツリーと兼ねてご来店して頂けるお客様が

大変増えました。ご遠方より来て頂けるお客様も大変多く誠に

ありがたく心より感謝申し上げます。

 

 お盆休み中にスカイツリーに行ってからご来店頂いたお客様に

よると大変な賑わいだと云うことでした。以外に近いと何時でも

行けると思ってしまい逆になかなか行けない事が多い様な気が

します。私共も少し落ち着いた頃に行って見ようと思っております。

 

 まだまだ暑い日が続きそうです。皆様も御身大切にして頂き

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。




 『独り言』       Vo.26           2012/7/31

 

 暑いです。本当に酷い暑さです。屋外はもちろん屋内でも

十分注意しなければならない暑さです。

 思い起こせば私が子供の頃は東京でもまだまだ路地など

は殆ど舗装されておらず土の道路でした。周りにも緑も多く

夏でも近年の様な危険な酷暑など無く気温も30を超えると

大人達が暑くて騒いでおりました。近年では30位ですと、

むしろ「ホッ」とする気温に感じられてしまいます。

 

 遅れましたが、暑中お見舞い申し上げます。皆様如何

お過ごしでしょうか?

 

7月より期間限定で発売させて頂きました『N-NORMAN』は

大変ご要望も多く、お蔭様と申しますか、誠に恥ずかしい事

でありますが、主材の皮革(ホーイン)が間に合わない状況に

なっております。現在、客注品として製造させて頂いており

ますお客様の分は大丈夫なのですが、サイズによっては

すでに在庫切れの状況です。本当に申し訳ございません。

皮革の入荷が大幅に遅れてしまい現在ホーイン社の返事

待ちと云う情け無い状況です。皆様にはご迷惑をお掛け

致しますが、何卒ご理解して頂きたくお願い申し上げます。

 暑さもこれからが本番です。

          どうぞ皆様ご自愛下さいます様に・・





『独り言』    Vol.25            2012/6/19




ラピス−SHUSHUをご注文頂いているお客様、毎回の事

ながら本当に申し訳ございません。皮革の入荷が遅れ

現在急ぎ生産中であります。今しばらくお待ち頂きたく

お願い申し上げます。製造仕上がり次第、ご連絡の上、

発送させて頂きます。本当に申し訳ございません。



 最近何度かあったOR-7についてのお問い合わせの中で

「普段より履いて使用していた方が良いのでしょうか?」

とのご質問がありました。OR-7は前記したとおり総裏革張り

で特に足首廻りには3箇所にパッドが入り、OR-6に比べると

ホールド感は全く異なってきます。何かあった時に使用する

と云うより当然、普段より普通にご使用頂いた方が、ご自身の

足に馴染みますし、足首廻りのフィット感を楽しんで頂けると

思います。例えば未舗装の道路等での使用はOR-7の機能性を

発揮できると思います。もちろん通常使用して頂く為のブーツ

です。楽しんで頂けると思っております。この項を借りて説明

させて頂きました。






『独り言』    Vol.24            2012/4/2

お知らせ      OR-7」

東日本大震災から1年が経ち被災地の皆様には心より

お見舞い申し上げます。

復旧、復興が思うように進まぬ中、次に心配されるのが

首都直下、或いは東海、東南海、南海と広大な地域に及び

テレビ新聞等でも専門家の意見を載せています。起こらない事を

切に願いつつも堅牢な靴造りを目指す小社では、先代の時代に

山岳救助隊の登山靴などを手掛け、非日常的な場面での

使用に耐え得る靴造りをノルウェージャン製法にて製造してきました。



あの3.11の日小社の靴を会社に置いてあり、それを履いて長い帰路に

ついたお客様より、お礼の便りを何通か頂きました。私自身も郊外から

東京に向かう途中、帰路につく多くの人達が足を引きずり、ガードレールに

腰を下ろし休んでいる光景を何キロに渡り見ております。


あの日から1年が経ち「その時」の備えとして「OR-7」を企画致しました。

無駄を省くシンプルものになりそれは正にOR-6型、そこに総裏革

パッド入りにして足首の保護を強化したブーツが「OR-7」になります。

登山用皮革やモンタニアソールなどを使用すると頑丈ではありますが

行動力(フットワーク)が制約されてしまいますので使用しておりません。

フック類も緊急時には突起物として危険な為全てハトメにしております。

靴のカラーは黒一色のみとなりシューレースは黒色と赤色の2種類に

なります。


万が一の災害時に行動を起こすとなれば足元は大変重要になります。

大変遅れてしまいましたが24411日より「OR-7」を発表させて頂きます。

皆様には是非ご一考して頂きたくお願い申し上げます。








『独り言』    Vol.23            2011/10/30




 G-BOOTS(仮名)に付きましては当初の予定より大幅に遅れ

現在は諸事情により更なる延期を余儀なくなってしまいました。

皆様には大変申し訳なくお詫び申し上げます。

 生産開始、販売予定が出ましたら改めてHPにて公表させて

頂きます。本当に申し訳ありません。

 もう一つお詫び申し上げなければなりません。

現行JEREMY4thの継続販売を断念する事になってしまいました。

詳しくは説明できませんが当社での生産が不可になり継続

出来なくなってしまいました。本当に申し訳ございません。

皮革変更後のJEREMY5thはなるべく早く当HPに載せたいと

思います。生産開始は早くても年末からになってしまいそうです。

良い季節になり当社も期待しておりましたがとても残念です。

ご支持頂いている皆々様には「またか・・・。」とお叱りを頂戴する

事になってしまいました。申し訳ございません。

 『独り言』と云うより『謝り言』になってしまいました。

申し訳ございません。







『独り言』     Vol.22          2011/8/3




 梅雨が明けまた暑い夏がやって来た、と思っていたら

ここ数日間はとても過ごしやすく真夏である事を忘れさせて

くれた様に思います。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 震災の復旧復興が、遅々として進まぬ状況に苛立ちから

怒りを覚える今日この頃です。

 さて以前より、『Z』のWチェンジパッド付、或は『Z』の

BROWN色等のご要望が大変多くありました。その両方を

可能にしたモデル、Wチェンジパッド付『Z
V』が近々デビュー

します。

BROWN色はZ
Uに使用しているオイルドプルアップレザー

BLACK色はZと同様のオイルドガンスモークレザーです。

いずれもシャフト上三段がフックになります。

ただし、申し訳ない事ですが諸事情により当面は受注生産と

させて頂きますので、お渡しまで少々時間が掛かってしま

います。また受注生産の為、サイズの変更が出来ません。

(サイズはZ、Z
U、鯱、SHUSHU等と同じです。)

お待ち頂いているお客様、大変遅れて申し訳ございません。

HPにアップ出来次第受付を開始したいと思います。

 何卒よろしくお願い申し上げます。







独り言           Vol.21      2011/5/12

 

 『G-BOOTS』について

近々にG-BOOTSをアップすると申し上げておりましたが

誠に申し訳ございません。結論から申し上げます。

G-BOOTS発売予定が9月頃になってしまいました。

理由として、当初確定したレザーの入手が出来なくなった

事によります。

 当初使用していたレザーで生産が始まったのですが

次回生産分のオーダー納期の確約が取れず生産自体が

継続不可の状態になってしまいました。

 G−BOOTSの当初発売予定は去年12月でしたが

今日まで確約が取れず断念せざるを得ませんでした。

「どうやら大量に皮革を消費する国がある様です・・・。」

 新たにと云うかイタリヤベスタ社のレザーに統一すべく

現在仕上がりを待っている状況であります。

 何時もいつも皆様にはご迷惑をお掛け致しまして

本当に申し訳ございません。今しばらくお待ち頂きます様

お願い申し上げます。






『独り言』          Vol.20       2011/4/10

 

 日が経つにつれ被災地の被害が徐々に解り始めた。

余りにも甚大な被害状況で言葉を失う!

 改めて被災地の皆様には心よりお見舞い申し上げます。

 テレビを見る度に原発の事故を繰り返し放映している

リーダー不在と云われ情報の一元化がされずに不安ばかり

撒き散らしている。

 3.11より以前にご注文頂き被災地に近いお客様には

まず一報を入れさせて頂いて状況をお聞きしてから商品の

発送を始めました。一日も早く終息に向かい復旧復興に

オールジャパンでの支援を期待したい。

 小社もかなり遅れてしまったがクロームエクセルのなかなか

面白い皮革を使った『SHU SHU 』とフィスター後継モデル

G-BOOTS』を近々に出す予定でおります。

いつも頑張っているつもりでおりましたが、もっともっと頑張ら

なければと思いますので、皆様何卒よろしくお願い申し

上げます。










『独り言』      Vol.19             2010/12/26


 猛暑、政情不安、円高、何かと落ち着きの無い年

だった様に思います。皆様はいかがでしたでしょうか。

 今年も沢山の新しいお客様にご購入頂き本当に

ありがとうございました。気に入って頂けたら幸いです。

又、リピーターの方々には云うに及ばず感謝、感謝の

念でいっぱいです。ありがとうございました。

来年も皆様に納得して頂ける物造り、靴造りに精進する

所存です。

 どうぞ皆様お忙しいでしょうが、ご自愛して頂き

良いお年をお迎え出来ます様お祈り申し上げます。

 

 ありがとうございました。

 

                          安藤





『独り言』      Vol.18             2010/12/2      

 

 早いもので師走です。

ついこの間の猛暑から、かなり着込まないと寒い季節に

なって参りました。皆様お元気でお過ごしでしょうか?

 NORMAN、黒SHU2、そして先月23日にNERO

再販をさせて頂きました。NEROは今まで大変

お問い合わせも多かったのですが、再販して商品の方が

早くもサイズによって在庫切れが発生してしまいました。

いつもながら本当に申し訳ございません。ご迷惑を

お掛け致します。

そして革質が前回までと違うのかと云うお問い合わせも

多く、これは海外タンナー生産で正直云いますと毎回

納入されると多少の差異はあります。色も質も毎回

微妙に違います。ガンスモーク等はオイルドプルアップ

です 圧をかけた部分はオイルが散って色が淡くなる

のですが革の部位によって多少差が出ます。その為

左右の色が微妙に違う事もありますがオイルドプルアップ

の宿命とご理解頂きたく思います。また革の硬軟も均一

ではありません。大変難しく気を使う素材ではありますが

皆様に喜んで頂ける様頑張ります。

 

 暮れになり皆様もご多忙とは存じますが

               呉々もご自愛くださいませ。

 

                       安藤









『独り言』   Vol.17
               2010/8/30

残猛暑お見舞い申し上げます

 

暑いです!ひたすら暑い日が続きます。皆様さぞお疲れと思いますが、

いかがお過ごしでしょうか。

秋風の爽やかな時期が待ち遠しいです。とは云ええ早9月になりますが、

9月中旬頃に短靴ですが1足新商品を出させて頂きます。近々にアップする

予定ですが販売は中旬頃になる予定です。何卒宜しくお願い致します。

 

ネロはいつか?の問合せも多く、年内とは申しましたが、正直申しますと

皮革に少々問題が生じ(黒皮革)の入荷が遅れております。

ブラウン(チョコ)に関しては順調に進んでおりますので、こちらは

ブラウンだけ先行販売になる予定です。

まだまだ暑い日が続きそうです。あまり酷な事は云いたくありませんが、

皆様頑張ってください。

宜しくお願い申し上げます。






『独り言』   Vol.16                2010/7/22

 

 暑中お見舞い申し上げます。

 

 暑いです。とても暑い日が続いております。

皆様いかがお過ごしでしょうか、と云うよりご無事でしょうか。

先日は限定サルツSHU SHU多数のご応募を頂き

誠にありがとうございました。抽選の結果当選した方々の

SHU SHUを現在生産中です。大変遅くなりましたが

7月末位から順次発送が始められる予定ですが順番に

よっては日数の差が発生してしまう事ご了承下さい。

 また、落選した方々には本当に申し訳ございませんでした。

余りにも数量少なく心苦しい限りです。

 『NERO』に関してのお問い合わせも未だ多く当初は

仕様変更の上、リニューアルのつもりでおりましたが、なるべく

現状維持で出して欲しいとのご要望も多数あり現在のところ

変更無しの現状維持で年内にも再販の予定です。

 まだまだ暑い日が続きそうです。皆様にも十分体調に

お気をつけて頂きたいと思います。








『独り言』    Vol.15               2010/2/24

 

 今年に入ってから『JEREMY』『NERO』の再販時期に関する

お問い合わせが非常に多く、それに対し明確な返答が出来ず

大変ご迷惑をお掛け致しております。もちろん再販は必ずさせて

頂きます。

 『JEREMY』については使用する皮革等も決まり、少量づつ

ではありますが皮革も入荷しております。その後の継続入手

についてタンナーとの打ち合わせが行われている状況ですので

名言確約は出来ませんが、2〜3週間位の内にHPにアップ

出来ると思います。しかし生産は、それからになりますので

時間に余裕を持って頂ければ助かります。

 また、『NERO』についてもお問い合わせが多く、現状維持か

仕様変更か、時期は?等々であります。現在、申し上げ

られるのは仕様変更であり、現状維持ではありません。

また、どの程度の変更かも申し訳無いですが説明する事

未だ出来ません。1日も早く皆様にご覧頂ける様、努力致し

ます。そして限定品についてもお問い合わせが多く、こちらに

つきましても不確定につき具体的な事は申し上げられません。

「有・無」で云えば「有ります」 その時はHPにてお知らせ致します

ので宜しくお願い致します。

 皆様にはご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い

申し上げます。









『独り言』   Vol.14                        2009/11/09

 また、お叱りが・・・

 

 新商品、IGAについて「雑誌に載っていてHPに載っていない

商品は生産中で在庫なし、いつも安藤製靴は・・・。」

お客様のお叱りが聞こえて来そうです。

誠に申し訳ございません。現在生産中です。11月下旬には

発売出来る様、努力致します。

 また、お問い合わせがある中で「NEROの替りか?」との

ご質問がありますが、この『IGA』は『NERO』の再販品では

ありません。『IGA』の企画は相当以前よりありましたが

いつもの事で時間が掛かり現在に至ってしまいました。

色は黒のみになります。当社では少々珍しいセミラウンドの

ハイカットブーツです。

 皆様に気に入って頂ければ正に幸甚でございます。

何卒よろしくお願い申し上げます。









独り言                                2009/7/18

  

『御礼』

 この度は、サルツレザーによる『SHU SHU』限定品に対し

大変多数のお客様よりご注文頂き心より御礼申し上げる

次第です。

 メーカーとして大変喜ばしい事だと思う心境より、むしろ

余りにも早い受注完了、停止の結果にただただ驚くばかり

です。今になって本当に有難い事と感謝の念でいっぱいです。

 今回受注出来たお客様、また誠に残念な事に受注

出来なかったお客様、或いは未だ返信されず結果待ちの

お客様、皆様それぞれのご心境はあると存じますが皆様に

対し、安藤製靴を代表して心より御礼申し上げます。

ORIGINには色々なお客様が来て下さいますが、今回の

限定に対し常連のお客様たちが「一瞬で終わってしまう。」と

お話されているのを耳にして、そんな事は無いと本当に

思っておりました。実は私共は8月の連休位まで展示して

終了できれば良いなと考えておりました。実際は常連の

お客様たちが言われた通り、今回受注できたお客様の

受注メールは全て「21:01」以内でありました。この様な

大変有難い結果を踏まえメーカーとして決して慢心する

事無く、私共の商品を支持して頂けるお客様各位に対し

より良い商品造りを社員一同、心掛け目指す所存です。

 どうぞ今後共ご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。








独り言 Vol12                                2009/6/23

 

 去年より、あまり良いニュースがない近頃であります。

そんな時、私にとっては少々(本当はものすごく)嬉しい

ニュースがありました。以下に記します。

 当社と長年取引させて頂いている皮革輸入会社の

倉庫移転に伴い、以前当社よりサンプル保管分及び

預かり品として保管されていたUSAサルツ社を含む

数社分の皮革が残されている事が確認されました。

 歴史あるタンナーの誇りでしょうか驚く事に現在に

至っても、その皮革としての『質』が、なんら遜色無く

今でも十分に使用できる状態にありました。

 実は当社もサルツ社、PV社と続けて閉鎖された時点で

今後の為に皮革サンプルとして数種類の皮革は十分

管理された状態で保管されておりますが、それと同様な

状態で見つかり改めて驚き感動している次第です。

 もちろん多量にある訳ではありませんので造れば限定品

になってしまいます。

 今後は大いに出し惜しみをしながら商品化をするつもりで

おりますが数に限りがある事を改めてご了承願う次第です。

 また、いつもの事で恐縮ですが今回の皮革に関しての

「何色で、どのタイプか?」等のご質問はお答え出来ません

のでご了承下さい。近々に1モデルをHP上にアップする

予定です。生産可能数は極めて少量となりますが

何卒よろしくお願い致します。







独り言 Vol11                                    2009/1/25

 

2009年新年が明けて早1ヶ月が過ぎようとしております。

昨年はクラシコ生産停止、ネロの生産中止と色々な事が

当社でもありました。クラシコは素材の問題、ネロは作業上の

問題、それぞれ停止・中止となってしまいました。申し訳御座いません。

 

ネロの再販に関する問い合わせが大変多いので少し説明させて頂きます。

ネロの再販時期は今のところ未定です。現在企画中の商品が数点在る為、

その後の企画になってしまいますが、新モデルとして再販は行うつもりです。

 

クラシコは主材の甲革が変更になり、イタリア ベスタ社のハスキーオイルを

使用致します。この皮革は非常に革質が優れており、皮の繊維も良質で

厚さ3.2mmありますが、革に「コシ」があり中級山岳の登山には最適と

自負しております。

大変遅くなりご迷惑おかけ致しましたが、再販の開始は現在生産中ですので

今月末の31日頃からオリジンにて販売させて頂く予定です。

 

今年は非常に厳しい状況が予想されますが皆様のご支援を

  励みに一生懸命頑張りますので、ご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。






独り言 Vol10

 

「独り言」更新も行わず申し訳御座いません。問い合わせの多い「NERO」の

生産停止についてご説明致します。生産停止の原因は皮革及び資材料

によるトラブルではありません。小社の製造工程上に問題が発生し止む無く

NERO」の企画変更を行わざるを得ない状態になってしまいました。

新企画による再販等の時期については残念ながら現在は未定です。

それ以前に「クラシコ」の再販・又、新企画の発売が予定されておりますので、

NERO」はその後の企画になってしまいます。

現行モデルの現在庫数は表示できませんが、まだ若干数の在庫は

ございます。しかしながらサイズによっては欠品しておりますので、

お手数ですが電話にて在庫の確認の上、その時点でオーダーの

方法をご説明させて頂きます。又、欠品サイズも出ておりますので、

サイズ交換が出来ない場合も御座いますので、予めご了承下さい。

 

今年だけに限らずここ数年は特に主材料である皮革の入手がスムーズに

行えず(商品がリクエスト通りでは無い事)皆様には多大なご迷惑をおかけ

致しております。特に山行等のスケジュールが組めない等々。わざわざ

小社製をご指名して頂いているにも拘らずこの失態はお詫びのしようも

ございません。改めて深くお詫び申し上げる次第です。クラシコに関しては

皮革をイタリアより入手致します。何度となく試作を繰り返し何とか皮革の

生産に入りました。現時点で断言できませんが、何とか、何とか年末までには

少しでも生産できればと考えております。現在の工場はジェレミの客注品に

職人が必死に頑張っております。大変有難い事と感謝致しております。

クラシコをお待ちのお客様、ご都合がおつきになれば今暫くお待ち頂ければ

幸甚に思います。






独り言 Vol9

 

大変長い間更新もせず大変申し訳ございません。

決して怠けていたわけでは無いのですが、メーカー

として頭の痛い問題が続き困惑しております。

例えば、登山用皮革の入手が困難になっている

状況が有ります。シーズンを前に登山靴を入用の

お客様には大変なご迷惑をおかけしている次第です。

また、弊社の生産能力が微力の為、品番によっては

常に受注生産の状態になっており、遠方よりお越しの

お客様にも多大なご迷惑をおかけ致しております。

改めてお詫び申し上げます。

直営店オリジンにも多数のお客様にご来店頂き

有難く感謝しております。週3日の3時〜6時と云う

変則的な営業に対し大変なご苦労をおかけしてご来店

して頂いているお客様が殆どであります。本当に有難う

御座います。そんな中で先日のあるお客様は、靴選びに

大変悩まれて、一言「服はある意味私の場合量販店でも

良いが、息子に対して靴だけは譲れない、どうだ!と云う

靴を見せたい。」と仰っておりました。お買い上げ頂き、

「その後」がとても気になりますが、有り難い事と思って

おります。

今後も沢山のお客様」にご支持頂ける様に頑張ります

ので、何卒宜しくお願い申し上げます。終わりに今後の

ZUリミテッドの予定はございませんので、ご了承

下さい。(お問い合わせが多数の為)








独り言 Vol.8


『NERO』の皮革『オイルトップガンスモーク』がやっと納得出来る

皮革として仕上がって参りました。原皮生地及び仕上がり状況も

非常に良い状態であり、これで『NERO』を再開する事が可能に

なりました。大変長い時間が過ぎ諦めてしまったお客様も数多く

いられると思います。大変申し訳なく反省しております。私共も

皮革の品質は妥協する事無く我々の要望に沿って仕上げられた

皮革のみを追求し幾度と無く試作を繰り返して参りました。今と

なっては諦めずに交渉した甲斐があったと自負しております。

 又、今回の皮革の状態であれば長い間生産中止しておりました

『NERO BROWN EX』も復活出来そうです。(当然少量と

なりますが) 今後の生産状況にもよりますが8月の中旬〜下旬頃

までには仕上げ販売再開したいと思っております。

 又、今回これを期に多少の仕様変更と価格の値上げを行わせて

頂きます。皆様ご存知の通り皮革及び各資材の高騰はメーカーが

抑えられる規模ではなく驚くべき高騰になっております。(海外大国

の大規模消費が主原因とされております。) それでも最小幅の

値上げに抑えて頑張る所存です。皆様には大変ご迷惑をお掛け

致しますが何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

 仕様変更は本底が『USAビブラム #700』『#430』になり

ヒールに革1枚積み上げを入れてあります。『NERO BROWN

EX』は極少量しか生産できない為、受注生産になる可能性が

あります。近日中(7月末頃)には新しい『NERO』を当HP上に

アップする予定です。どうぞ皆様新しく再開される『NERO』を

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 NERO新価格             ¥36,540−

 NERO BROWN EX新価格   ¥38,640−








独り言 Vol.7

去年夏以降から特に増え続け本年に至っているお問い合わせで『NEROのBROWNは

いつになったら生産開始か?』が非常に
多く寄せられております。

何人かの贔屓にして頂いているお客様
には店頭にて説明させて頂きましたが

数年前より(NERO BR
EXの生産が可能だった頃)タンナーとの間で

もたれた交渉(サンプル
アップ→修正依頼)は数十回に及び多大なサンプル

費用を費やして
おりますが現在未だ解決(納得可能な商品)に至っておりません。

 

原因と思われる点について

 @タンナーにおける原皮入手時の品質維持の困難さ

 @タンナーにおける技術維持、継承(技術者の移転等)の問題

 @国内エイジェント(皮革輸入業者)との信頼関係等の問題

 

これ以外にも何点か問題はあると思いますが結果お客様には大変ご迷惑を

お掛けしている次第です。
 先日もエ‐ジェントとの間で最終修正確認(毎回の事だが)

行い現在も最終サンプルを造り続けております。しかし今回は上記のように多数の

お客様からのご要望がある事をタンナーに
必ず理解させること、日本の消費者の

クオリティーに対する認識の
高さを伝えることを約束させております。

また業者に当HP『独り言』
を今回閲覧してもらいある意味小社が公表することで

プレッシャー
になることを願っております。その結果すぐに納得できる皮革が

仕上がって来るかは分かりませんがOKの場合は速報として必ず当HPにて公表

させて頂きます。
必ず復活させますのでどうぞ関心のあるお客様にはあきらめず

待って頂けることを切に願い小社も頑張って粘り強い交渉を行い安藤製靴の品質を

高めて行きたいと思っております。何卒、ご理解
の程よろしくお願い申し上げます。





 独り言 Vol.6 続き


当然『クレーム』を申し出たが、結果は某商社がパンフの印刷会社に責任転嫁をし、

そこのカメラマンが何故かビールを1ケース持ってきて『詫び入れ』に来たのを憶えている。

 その後のこの『USAブランド』の靴は国内に大量に出始め、その評価に興味は無かったが

結果はもっと厳しい状況になって行った。その著名なブランドの本業であるジーンズは

全世界規模で非常に高い販売実績を持っており、ジャンル外のブーツでの利益追求は

まったく求めていなかったのである。

 「ブランドのステータスクオリティーを下げてしまう商品は販売しない。」であり、

さらに判断は「元の商品に戻せないのであれば日本国内でのライセンス生産、販売を全て

禁止する。」と云う厳しい結果となった。

要するに日本国内ではそのブランドで『靴』はライセンス生産出来なくなったと云う意味であった。

某商社は市場を荒らすだけ荒らし食い散らかすだけ食い散らして去って行った。

某商社は我々業界で言う、いわば『禁じ手』を使った訳で今でも無くならないさもしい行為

そのものであると私は思う。残念でならない。 実はこの『禁じ手』はつい最近も小社は体験した。

行為そのものの規模も全て小さいが間違いなく『禁じ手』であり、ここで語るに足らぬ

程の『お下劣さ』である。モラルが問われる行為であり恥を知るべきである。

 ある意味コピーは防ぎ様がないが出来の良否は別にしてもコピーはコピーでありオリジナルでは

決してなく、何処まで行ってもコピーでありオリジナルを抜く事は出来ない。

小社としては追随を許さないクウォリティーの高い商品造りに精進邁進して行く所存であります。

「皆様の眼力に頼るしかありません。」と願う今日この頃であります。










  独り言 Vol.6

 今から17年程前、今ほど『ジーンズ』が多様化する前だった頃に

 非常に有名なUSAジーンズブランドのシューズをライセンス生産

 していた時期が有った。そのブランドは著名であり人気も高かった

 ためユーザーの反応も非常に良く好評の内に販売されていた。

 その頃はUSAの6インチワークが日本に席巻し始めた頃

 でもあって小社製のワーク系ブーツも見劣りしない販売価格で

 売られていた。そのUSAジーンズブランドのUSA本社、又、日本支社

 にも大変好評で評価は高いと云って頂き良い仕事をさせて頂いている

 と云う実感があった。それが一気に生産中止になってしまう出来事が

 起きた。今でも残念に思うがそのブランドの国内販権を持っていた

 某商社が「これだけ評価が良いなら同デザインで、もっと安価にすれば

 数倍の売上げになる。」と考えて行った行動は・・・、早かった。数日後

 私の知人が「某国靴メーカーで当社製の上記USAブランドの

 全アイテムが並んで置いてあった。」と知らせてくれた時には既に

 生産依頼は出ていなかった。その後は国内にその(安価なブーツ)が

 大量に出始めた。後にわかった事だがその(安価なブーツの)パンフレット

 に使われていた商品説明、製造工程は当社の『靴』であった。

                                   つづく






独り言 Vol.5

小社は以前から較べると人数が少なくなった職人達で靴を造っております。

一人一人が専門の技術を持っており、一人が欠けてしまうと作業を停止しなければ

ならない時もあります。先日その予期せぬ出来事が続き、製造工場を9日間休業

せざるを得ない状況がありました。結果9日分の生産が遅れた事になります。この

9日間、今となって私には「魔の9日間」になってしまいました。例えば、OEMの

商品の遅延、特に納期が迫っていた商品はどうにもならず、ひたすら謝罪を繰り返して

おります。近頃良く思うのは、私の場合だが「何とかなるさ!」は「何ともならない。」で

あります。又間の悪い事に、実は11月初旬に仕様変更した靴を出すつもりですが、

これも生産が間に合わない可能性が出てきました。しかしながら、某雑誌社は

取り扱ってくれるという話で月末には出版されるとの事。私共には大変有難い事と

感謝しつつ生産が間に合わない時の謝り方を考えている今日この頃であります。






独り言 Vol.4

 ZUリミテッドが終了して2ヶ月近く経ちました。

 その節は大変有難う御座いました。

 好評の内に終わらせて頂いたのですが、残念な事に「告示期間中にHPを見なかった。」

 「気が付いたら締め切り後だった。」或いは「うっかりして注文する事をわすれていた。」

 「注文したはずなのに・・・。」等々のご意見を多数頂戴するにあたり、「再度、一定期間の

 延長を!」「出来れば定番品にして欲しい!」との要望を含め、反響がありました事、

 小社メーカーとして始めての試みとしては、お叱り覚悟で云えばある意味「結果成功」で

 あり、又特定のお客様には「支持」を頂けた結果なのかと少々自惚れております。

 しかしながら前記の「延長及び定番品」等のご要望は、当然ですが現在全く考えておりません。

 再度この期間の事を想いますに、私共にとってはまるで予想と現実の乖離、お祭り騒ぎが

 戦々恐々に変わっていく毎日でした。(これは既存品を含め納期的なことです)現在も7月

 終わりに近いですが、生産スケジュールが立ち直せないでおります。(他にも少々理由は

 ありますが・・・。)正直に言えば「うれしい誤算」であります。今後の事は解りませんが、

 今は昔から考えていた、低・中級山岳向きの小社としては「極み」的な靴も造りたいと

 思っております。又、少し軽めの、タウン用6インチワークとか、単に素材替え、仕様変更

 になるのかどうか?頭の中ではそこそこ出来上がっているのですが、商品化となると・・・。

 「そんな事より早くエンジニアを造れ!」という声がどこからか聞こえてきそうな今日この頃で

 あります。







独り言Vol


 『ZU LIMITED』5月、一ヶ月間の限定受注生産も好評の内に締め切らせて頂きました。

 多数のご注文を頂き厚く御礼申し上げます。

 ご注文をお受けいたしました時点より、約1ヵ月以内の生産納期を心掛けておりますが

 中旬から終了間近に頂戴したご注文分が少し遅れてしまう可能性が大となって来てしまい、

 ここに誌面をお借りして深くお詫び申し上げる次第です。

 今回この『ZU LIMITED』は直接ORIGINにご来店頂いたお客様のご要望

 あるいはメールにてのお問い合わせの多かったご要望を商品化させて頂いた企画です。
 
 今後もお客様より企画変更等のご要望が多い商品に関して無理なものは無理と又、

 可能な事は、出来得る限り前向きに考えさせて頂きたいと思っております。

 この『独り言 Vol.3』を書いている今日6月17日の土曜日、ORIGINにて先日ブーツを

 ご購入頂いたお客様が、再度ご来店して頂き「この種のしっかりした造りの靴を探していたのです。」

 と言って頂き悩んだ末、追加で2足お買い上げ頂きました。

 「数日の間に計3足は大丈夫ですか?」と要らぬ心配をしましたらお客様は「妻に何て言おうかな」と!

 でも聞けば奥様も同じ趣味のバイク乗りでなんとご子息にもモトクロスをやらせているバイクご一家で

 理解して頂けるとの事でしたので一安心です。この様なお客様達に支えられていることで、
 
 私どもの靴造りの励みにもなり正に心の支えになっているのです。本当に有難いことです。
 
 少なくなった熟練の職人達が元気なうちはなんとか造り続けていく所存ですが、残念ながら中々

 、若い職人が育っていない事実も憂いの一つでもあります。最後は「独り言ならずぼやき言」

 になってしまいました申し訳ございません。
 
 兎にも角にも『ZU LIMITED』の御礼まで・・・。




独り言Vol2 追加



 

ZU限定バージョン」について ・・・

 

今回の「ZU限定バージョン」に対し「革の色が違うようだが?」との問合せが

大変多く寄せられていましたので、説明させて頂きます。私共のZUに使用されている

皮革は海外タンナーに私共の意向を伝え、現在この時期に生産されている最高の

原皮(北米産)をチョイスし吟味して生産して頂いております。原皮の品質保持に対して

私共は非常にこだわりを持っていることを常にタンナーに言い続けておりますので、

原皮は非常に良い状態の物が使用されております。今回の皮革も非常に品質の良い

物が輸入されており、自信を持って靴を造ることができます。色に関しては、実の所

前回輸入した皮革に少し色の「ブレ」があったので、色を濃い目に安定させるように

指示しました。その為少し色がダークブラウン(チョコ系)に強く出たので、色が濃い目に

なりましたが決して皮革の種類、品質を変更した訳ではありません。色の強弱であり

タンナーの言う所の「サジ加減」の問題と言うことになります。

好みによりますが私共としてはアニリンプルアップの独特の深みのある落ち着いた

色として満足しております。

以上「色の違い」は上記の理由とご理解して頂きたいと思います。

 

又、同様に「フックのみの変更は?」の問い合わせも何通か御座いました。

誠に申し訳御座いませんが、今回の「限定バージョン」のみの変更に限らせて頂きます。

他の変更は出来ません。

何卒宜しくお願い申し上げます。





独り言 Vol.2

 初回の「独り言」、思いの他反響が多い事に少し驚いております。

 「いつやるのか?」「価格は?」「納期は?」・・・・・etc

 サンプルアップに少し時間がかかりました。お詫び申し上げます。本日4月2日に仕上がり

 ましたので「ZU限定バージョン」を載せさせて頂きました。

            

 ◎仕様変更  :左足チェンジパッド付き上3ヶフック付き限定バージョン

 ◎注文受付期間   :2006年5月1日〜2006年5月31日受付終了

 ◎納期   :不確定で誠に申し訳ありませんが、ご注文頂いてから1ヶ月以内で

仕上がるよう極力努力致します。しかしながらそれ以上の納期も

考えられますのでその場合は予めご了承下さい。

 ◎価格   :¥33,390 (税込)+送料(店頭渡し以外の方)

 

お詫び(修理時のハトメからフック交換について)

 今回「ZU限定バージョン」を企画するにあたり、通常の「ZU」で上のハトメをフックに交換する作業の
 再確認を行った所、小社のフック付けは、ZUとは別のハトメを土台にして取り付けてある為取り外さなければ
 なりません。しかしZUに付いているハトメは通常の物とは違い非常に硬く堅牢に作ってあるので、取れないし
 外れない、無理にドリル等を使った結果「これは無理」との判断に至りました。お店にて数人のお客様に
 「底張替え時にフックに取替え可能」と申し上げた事を、ここに訂正しお詫び申し上げる次第です。
 何卒、ご理解ご容赦の程宜しくお願い致します。





独り言 Vol.1


前々より、ふっと頭をよぎった事や、その時感じた事を書いてみたいなと思っていた。

不定期・思いつき等々で載せていきますので、不愉快になる方もいらっしゃるかも知れませんが、

予めお許し下さい。

 

今日は初回Vol.1になるが、直営ショップ「ORIGIN」には、近頃・・というより、『ZU』 BROWNを

スタートした時からと云った方が正確だが、問い合わせが非常に多い。皆様はすでにご存知

と思うが、左足にチェンジパッドが付いているのは、BLACKの『Z』です。『ZU』BROWNには

チェンジパッドは付いておりません。そうなると必ず要望されるのが、「この革でこの色でチェンジ

パッド付きが欲しい。」一人二人なら「まあ、そんな事もあるか。」で済ますのだが、何故か近頃

やたら多くの人に言われる様になった。では何故メーカーとして造らないのか?それは単純に

-多品種の在庫が出来ない-であり、それならば「個人オーダーを受け付けてくれ」と来る訳だが、

メーカーとして何とか小回りのきく物造りを目指しているのだけれど、それを受けると「Zのチェンジ

パッドなしは?」「AT-Rにチェンジパッドを!」となる。そして「上3つをフックに・・・。

            Z   ZU

そこで、まだ期間を決めていないが一定期間(約1ヶ月)受付を行いその期間にオーダーを

入れた人の分は受注生産として限定的に造らせて頂こうと思っております。受注可能品として

ZU』 BROWN 左足チェンジパッド付、上3フック付の特注バージョン他の変更は出来ません。

4月に入ったら期間を告知しますが、おそらく5月頃になると思います。

納期等は、その時の現場状況次第となる為、今の段階ではお知らせ出来ません。

皆様、何卒ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

 

何故かセールストークの「独り言」になってしまい誠に申し訳御座いません。