日々メーカーとしていろいろリペア修理靴等を見ております。その中でゴム底の
張替え修理が一番多いのですが、その中の一部の靴がお買い求め頂いてから
修理に出すまで一度もお手入れを行っていない事に驚きもしますしガッカリもします。
ゴム底は減ってくれば張替える事で解決しますが、上物 (アッパー材)は、天然皮革
ですので傷も付けば汚れもします。まして雨の日の悪路などを歩行して帰って来たら、
それなりのメンテナンスを行わなければなりません。決してアウトドアシューズは万能
ではなく、逆にハードな場面での使用を余儀なくされるので十分に手入れをしなければ
靴の寿命は極端に縮められます。革靴の寿命は手入れ次第、特に日頃のメンテナンス
を怠ると皮革のひび割れや型崩れ、防水性の低下原因になります。雨天時の使用や
泥などの汚れがついた場合は、念入りにメンテナンスを行って下さい。
特に泥の酸性は革に非常に悪いのです。

                                  

修理靴についてのお願い

殆どのお客様はヨゴレや泥を落としてから修理靴を出して頂いておりますので修理作業
が順調に行えますが、稀にヨゴレ・泥がひどくとても作業出来る状態では無い修理靴が
送られてくる事がございます。これらについては申し訳御座いませんが返送(着払い)
させて頂いております。又、濡れている状態の靴も同様に修理が出来ませんので
ご注意下さい。少しでも長く皆様にご使用して頂く為の修理です。何卒ご理解の程
宜しくお願い申し上げます。


*検品した結果残念ながら修理不能の場合もあります。予めご了承下さい。

修理靴をお送り頂く際に、弊社にて受け取りの都合上ゆうパック以外の配送方法でお願い致します。
 ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。




お手入れ

多少の汚れは乾いてからブラッシングで汚れを取ります。ひどい泥汚れはサドルソープ
(革の汚れ落としソープ)或いは濡れた布等で落としてください。サドルソープは保革油を
含んでいるので汚れ落としだけでなく、多少革を柔軟にする働きも持っています。革が
濡れている場合も泥を落とした後、新聞紙などを靴の中に入れ、型を整え風通しの良い
所で陰干しします。乾いてから皮革の状態が悪い場合ゴアゴア、パサパサ感はミンク
オイルを薄く薄く全体に塗っておきます。ミンクオイルは保革油ですが、塗りすぎると革
が柔らかくなり過ぎて型崩れの原因になるので要注意。しばらく時間をおいて、甲革や
糸目<にウエットプルーフ等を塗りこんで下さい。ある程度光沢を出したい時は、あまり
オイルは塗らず従来の靴墨等を塗って磨けばよい風合いになって来ます。お手入れの
後しばらく使用していない場合は、型崩れ防止の為、乾いた新聞紙やタオルを詰め込ん
で保管しておきましょう。